2018年12月17日

お土産


今月も、あと半月を切り、
2018年も、あと半月を切りました。
1年って、ほんとに早い!

今日、患者さまが飛騨のお土産をくださいました。
先週、治療に来られて、
次の予約を取る時に、
旅行に行くと話されたので、
『お土産、なにがいいかなぁ〜』なんて、
おねだりしたことを、覚えてくださっていたようで(笑)
美味しそうな、お菓子をいただきました黒ハート

そして、
『あんたに顔が似てたから!』
と、小さな紙袋を渡されました。
中で鈴が鳴り、
すぐに、開けてみることに。

5F9316FE-ADA2-4EBA-AC14-55D66CFA94B7.jpeg

B3356E82-8F8C-4FB6-A7CB-05D8974BDBAE.jpeg


A5F1242D-065E-43B2-9965-F4F513208C70.jpeg


34F2A04A-0EAB-432D-BEA5-6BF520C06E2C.jpeg

『顔、ないやーん!!』

顔が似てるって言ったのに、
顔のない『さるぼぼ』でした(笑)

さるぼぼは、
飛騨高山など岐阜県飛騨地方で昔から作られる人形。
飛騨弁で「ぼぼ」は赤ん坊のことを指し、
さるぼぼとは「猿の赤ちゃん」という意味だそうです。
この「猿」は災いや疫病などが
「去る」という言葉にかかっていて、
厄除け祈願を意味する縁起を担いだ言葉のよう。

この、さるぼぼ。
顔がないのですが、
「人を写すもの」として表情を与えられていないそうです。
また、
表情を固定せず持ち手がその時々に表情を感じられるように、
のっぺらぼうのデザインになっているということです。

楽しい時は楽しく写り、
悲しい時は一緒に悲しんでくれる、
心の鏡のような役割を果たしてくれ、
さるぼぼはいつも寄り添ってくれる優しい御守りになるそうです。

AB00C54E-4810-4509-82EC-EB40FAEC2243.jpeg

ありがとうございました。
大切にさせていただきますね!
そして、
飛騨へ行ってみたいなぁと思っています。

posted by スタッフ。 at 22:38| 日記