2019年04月01日

『令和』


新元号が、
『令和』と、
発表されました。


『令和』は、
万葉集より、
「初春の月にして 気淑く風ぎ 
梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫す」
との文言から引用され、
そして、
この「令和」には、人々が美しく心を寄せ合う中で、
文化が生まれ育つ、という意味が込められているそうです。

安倍総理大臣は会見で、
【悠久の歴史と薫り高き文化、
四季折々の美しい自然。
こうした日本の国柄を、
しっかりと次の時代へと引き継いでいく。
厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、
見事に咲き誇る梅の花のように、
一人ひとりの日本人が、
明日への希望とともに、
それぞれの花を大きく咲かせることができる。
そうした日本でありたい。
との願いを込め、「令和」に決定いたしました。】
と、話されています。

凛とした二つの文字。
綺麗な響きの読み。
そして、言葉の意味が心に染みました。

全ての人が希望を持って、
輝かしい良き時代となりますように……


560E9FFE-087E-4F64-AFAB-DE4D18ADEA13.jpeg

posted by スタッフ。 at 16:47| 日記